ドキドキの初デート!待ち合わせ場所・時間・会話・注意点などデート基本マニュアル集

婚活で知り合った人との初デート、緊張しますよね。

お互いのこと知らないもの同士なので、どこに行ったらいいのか、レストランもどうしたらいいのかわからないことだらけ。

…そこで今回は、はじめての婚活デートノウハウをお伝えします。

今からデートの流れを知っておけば、当日には緊張もほぐれ、いつのまにか二人の時間を心から楽しめていることでしょう。

 



待ち合わせの場所・デート時間はどうしたらいいの?

 

「近いうちに、ふたりで会いましょう」という話になったら、嬉しいですよね。

でもいざ待ち合わせ日時を考えたときに、「明るい時間のほうがいいの?それとも夕方くらいがいいの?」なんて悩んでしまうことでしょう。

では、初デートの待ち合わせ時間や、最適な待ち合わせ場所まで詳しくお伝えいたしますね。

 

初デートは明るい時間帯で

初デートは、日中をおすすめします。

明るい時間に待ち合わせして、明るいうちに解散するのが良いでしょう。

なぜなら、お互いにまだ初対面という状況であるため、相手の詳しい素性までよく把握できていないはずだからです。

怖がらせるわけではありませんが、例えば婚活サイトで出会った相手が実は・・・なんてニュースで報道されているのを、たまに見かけたことはありませんか。

まだよく知らない相手とふたりで会うときは、慎重になるくらいで丁度良いのです。

また相手が、本気の婚活目的ではなくて体だけが目的だったとしたら、夕暮れ時になったら人気の無い場所へ誘ってくるかもしれません。

つまり明るいうちに会って明るいうちに解散することで、お互いに安心で健全なお付き合いができるのは間違いが無いのです。

もちろん待ち合わせ時間だけではなく、待ち合わせ場所にも慎重になってください。

極端に言えば、「人通りが少ない路地裏の公園」で待ち合わせるのは、待ち合わせ場所として危険すぎるのでやめておきましょう。素性の知れない相手とふたりきりで待ち合わせするのなら、人が少ない場所は避けたほうが無難です。

例えば「駅前のロータリー」や、「大型ショッピングモールの入り口前」あたりが、待ち合わせ場所としてはおすすめです。

人が大勢いるところであれば、思わぬトラブルに発展しにくいからです。

そして肝心のデート内容としては、まだがっつりと「遊園地」とか「水族館」などはやめておきましょう。

近くのカフェなどで、軽くお茶をしたりランチをしながら雑談したり・・・程度が丁度良いですよ。

でも、デートでどんなに盛り上がったとしても、薄暗くなる前に解散することを忘れないでくださいね。

あなた自身の身の安全はもちろんですが、一緒に居すぎるあまりに会話のネタが尽きてしまうのを防ぐためです。

おすすめデート場所

先ほど、「初デートの場所はカフェで軽くお茶や食事がおすすめ」とご案内しました。

でも、待ち合わせ場所によっては「近くにカフェがない」・・・なんてこともあるでしょう。

もし、カフェデート以外がご希望でしたら、「美術館」「映画館」「プラネタリウム」あたりでのデートが大人な感じでいいですよ。

お互いに婚活をしているということは、例えば学生などではなく、もう立派な大人ということですよね。

結婚を前提にした大人同士がデートするのなら、やはりキャイキャイとはしゃぐ所よりも、落ち着いた場所がおすすめなのです。

美術館でのデート

大人な男女におすすめなのは、やはり美術館のように落ち着いた雰囲気の場所です。

軽く会話をしながら館内を一周するだけでも、知的な会話が期待できますよ。

ただ、あなたに美術の知識がたくさんあったとしても、それをあまりアピールするのはやめておきましょう。一歩下がった知的な謙虚さを、魅力に感じる男性は多いですよ。

映画館でのデート

さらに、映画館もおすすめです。内容によっては、あなたと彼の距離が一気に縮まることでしょう。

例えば話題の映画や、評判が良い映画がおすすめです。事前に調べたりメールで相談をしながらどれを見るか決めていけば、お互いに当日が来るのが待ち遠しくなること請け合いです。

ただ、血の飛び交うような映画やホラー系の映画は、観終わった後の後味の悪さがそのまま「デートの印象」へと繋がってしまいますので、避けたほうが無難ですよ。

プラネタリウムでのデート

またプラネタリウムも、落ち着いたデートとなり好印象をゲットできます。

アミューズメント施設があちこちに建っている現代ですから、過去の恋人とのデートでも「プラネタリウムに行こう」なんて選択は、なかなか無かったのではないでしょうか?

つまりあなたにとっても、相手にとっても、新鮮味のあるデートとなること請け合いです。

癒しの空間で、今までに経験したことのない落ち着いたひと時を楽しんでみませんか。

 

初デートではどんなこと話したらいいの?

お互いにほとんど素の姿を知らないままでの「初対面」ですから、「あの時は楽しかったよね」なんて、共通の話題がほとんど無いですよね。

「初デートではどんなことを話したらいいの?初対面デートで沈黙の時間が多すぎたらどうしよう」なんて、ついマイナスな想像をして不安を抱えてしまうことでしょう。

では、初デートではどのようなことを話せば良いのでしょうか?

初対面の異性と話すときに話が広がりやすいネタとしては、「趣味」「仕事」「理想の家族像」がおすすめです。

相手の基本的なプロフィールを、デート当日までにしっかりと把握しておけば、話がさらに広がること請け合いです。ですので家を出る前には、相手の基本情報について今一度おさらいしておいてくださいね。

以下で、それぞれを詳しくご説明していきます。

趣味について

自分の好きなことを話すのは、やはり楽しいものです。それは、旧友に対しても、あるいは初対面の異性に対しても同じでしょう。

例えば、「キャンプが好きで、この前の休日も山へ出かけたんだ」「音楽が好きで、夏フェスには毎年行くよ」「ドライブなら何時間でも飽きないよ」・・・なんて、些細なことでも積極的に伝えてみましょう。

けれどギャンブルを連想させるような趣味や、あまり聞かないようなマニアックすぎる趣味は、言わないほうが無難です。「こんな趣味を持っているのか。休日に一緒に楽しめそうかも」と思わせるような、明るい趣味がおすすめですよ。

仕事について

結婚を前提として出会っているのですから、やはりお互いの仕事については理解を深めておきたいところですよね。

「普段どんな仕事をしているのか」「帰宅時間は何時くらいなのか」「休日はいつなのか」などをそれぞれ話しておけば、お互いに安心できることでしょう。

仕事で大変なこともあると思いますが、初デートでは、まだ弱音や愚痴は言わないでおいてくださいね。

理想の家族像について

将来を見据えた付き合いには、やはり相手の理想の家族像はあらかじめ知っておきたいところです。

「将来はマイホームが欲しいな」「子供がたくさんいる、賑やかな家庭に憧れていて」「結婚しても仕事は続けたいな」・・・なんて、結婚後の展望を伝えてみてくださいね。

ただ、あくまでサラッと伝えてください。

初対面にして「結婚」「結婚」「結婚」・・・ってガツガツと結婚を推してしまうと、相手に引かれてしまうからです。この質問は、相手の理想の家族像を知ると同時に、結婚についての本気度も知ることができますよ。

「うーん、結婚ねぇ、まぁいつかはって感じかなぁ」なんて漠然とした回答ではぐらかさせるようでしたら、相手はもしかしたら遊び目的かもしれませんのでご注意ください。

 

初デートの注意点

ここまで、初デートの際の全ての流れをご説明して参りました。

しかし肝心なのは、「マニュアル通りに事を進めること」だけではありません。

最後に、初デートに出掛ける際の心構えをお伝えいたしますね。

緊張しているのはお互い様

まず、緊張しているのはあなただけではないということを、心に留めておきましょう。誰だって、交際に繋がるかもしれない初対面の場を目の前にして、そこにあっけらかんと向かう人はいないはずです。

「失敗したらどうしよう」「緊張で震えてしまったらどうしよう」なんて考えてしまうかもしれませんが、それは相手も同じだということです。

初対面では誰だって緊張するし、最初のほうは何を話して良いのかお互いに分からず、沈黙の時間が流れることもあります。

例えば、待ち合わせ後にそのままカフェに向かうはずなのに、もし相手が道を間違えてしまったり何か失敗をすることがあったら、「緊張しているのは同じなのね」と、あなたが優しくフォローして支えてあげましょう。

いつでも楽しそうにする

例えどんなに緊張していたって、相手がどんなミスを犯したって、常に楽しそうにすることを忘れないでくださいね。

今回のデートを経て、相手があなたに「ぜひ2回目のデートを・・・」と誘いたくても、あなたに「断られるかもしれない」という恐怖を相手だって抱えています。

楽しそうにしていれば、それだけ「もしかしたら可能性があるかも」と相手も期待できますし、「どんな状況だって一緒に物事を楽しんでくれる子って素敵だな」と、一気に相手の中で恋愛感情が膨れ上がるかもしれませんよ。

ガツガツせず、距離感を大事に

また、あなたも相手に好感を持ったときって、あれこれ聞きたくなりますよね。

でも、あまりガツガツいきすぎず、程ほどの距離感をキープしておくことも大事ですよ。

特に、相手の過去の恋愛遍歴については誰もが知りたくなることです。「以前の恋人とは何で別れたの?」「その人のどこが良かったの?」「何年続いたの?」・・・なんてグイグイと質問され続けては、相手は一歩、また一歩・・・と引いていくばかりです。

どんなに気が合ったとしても、どんなにデートが盛り上がったとしても、程よい距離感は大事にしてくださいね。

夜の解散はおすすめしない

そして先述しましたが、夜遅くの解散はおすすめしません。

どんなに盛り上がっても、2~3時間程度で切り上げましょう。明るい日中でのデートのほうが、健全で本気のお付き合いが期待しやすいでしょう。

2回目のデートの約束をする

さらに、別れ際に、できれば2回目のデートの約束をしておきたいところです。

別れ際というのは、相手も「今日のデート、楽しんでもらえたのかな・・・」なんて気になっているはずです。

そこであなたが、「今週末、また会えますか?」とか、「良ければまた誘ってくれたら嬉しいです」なんて声をかけてあげれば、彼はとても喜ぶはずです。

本来は男性側から声をかけてほしいものですが、勇気が無かったり、臆病な男性もたくさんいます。「女性から声をかけるなんて」と躊躇せず、あなたから積極的に好意を伝えてみてくださいね。

まとめ

婚活で知り合った人の初デート、緊張しますががんばってくださいね。

少しくらい失敗しても、逆に相手に「可愛いところがあるな」なんて好印象を持たれるかもしれません。

あるいは多少のハプニングに遭遇しても、「あのときはびっくりしたけど楽しかったよね」なんて、二人の記憶の中にずっと刻まれる、共通の思い出が出来ることでしょう。

この記事を参考にしながら、デートの準備を万全に整えていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です