結婚相談所にも種類があるって知ってた?自分に合ったタイプを選ぶことが成婚への近道

結婚相談所種類

結婚相談所を探しているんですが、結婚相談所って何か違いがあるんですか?

ひとみ

 

ダンディ山田

もちろんある!自分の活動タイプに合う結婚相談所を選ぶんだ。

 

数年前からの婚活ブーム。20代後半を過ぎてから、友達、同僚、後輩…次々と周りに起こる結婚ラッシュ。

「おめでとう」と祝福しつつも、自分の番ははたしていつなのかと内心焦りだす…結婚したくても、なかなか良い出会いが見つけられずにいる人たちが世の中にはたくさんいます。

 

婚活ブームの流れでスマホで手軽にできるマッチングアプリや婚活サイトが流行っていますが、やはり成功率の高さ、結婚への本気度が高い人が登録しているのが結婚相談所です。結婚相談所に登録している人は結婚に意欲的な人ばかり。他の婚活サービスと違って結婚相談所での出会いはイコール結婚へとつながりやすいのです。

 

そんな結婚相談所ですが実は種類があるのをご存知ですか?

自分の活動タイプに合う結婚相談所を選ぶこと大事で、料金が安いとか、ネットの評判がちょっと良かった、という理由で自分に合わないタイプの結婚相談所を選んでしまうとまったく成果がでないこともありえるのです。

そこで今回!結婚相談所の種類についてご説明します。

自分に合った結婚相談所を選びましょう。

 

結婚相談所の種類とは

 

ダンディ山田

まず、結婚相談所についてどんなイメージをもってるんだい?

 

うーん…売れ残りの集まり?

ひとみ

 

ダンディ山田

違う!!

 

結婚相談所にはどんなイメージをもっていますか?「モテない人がいくところ」「売れ残った人たちの最後の砦」なんてネガティブなイメージはもう古いです。

結婚は人生の大イベント。誰だって自分にあった素敵な相手と結婚したいですよね。

 

結婚相談所には結婚を真剣に考えている男女のみが登録しているので、普通に生活しているより出会いの数は多くなります。もちろん出会いの場だけなら、合コン、紹介、パーティー、マッチングアプリ…といろいろありますが、その中で「結婚」を目的とした出会いを求めている人は、果たしてどれだけいるでしょうか?

 

婚活の場には3種類の人がいるんです。

 

 

本気で結婚を考えているのなら間違っても「既婚者・不倫目的の人」や「軽い恋人探しの人」に捕まってはいけません。いざ素敵な人と出会えたと思ったら、既婚者だったり相手には全然結婚の意識がなかったり…気合と時間がかかっているほどがっかりしますよね

こういった非結婚相手がいなく「本気で結婚相手を探している人」が登録しているのが結婚相談所なのです。結婚相談所で活動している人は「結婚を真剣に考えている」男女のみ。意識のギャップもありません。

 

また登録している人も日常で出会う人達と何ら変わりません。

 

ダンディ山田

日常生活で10人の異性と出会ったとして「この人となら結婚考えてもいいかな」と思う人は何人くらいかな?

 

うーん…2,3人くらい?

ひとみ

 

結婚相談所でも同じです。全員がイケメン・美女というわけでもありませんし、全員が結婚相手として対象外!という事ももちろんありません。

日常生活で出会う人達とかわりません。ただ大きく違うのは全員が独身で結婚に意欲的、そしていつでもアプローチできる、という点です。

日常生活で出会った素敵な異性は既婚なのか未婚なのかわかりませんよね。年収・勤務先ももわからないこともあるでしょう。連絡先聞くのも一苦労です。でも結婚相談所で出会う素敵に人に未婚で年収・勤務先もわかります。アプローチすることも可能なのです。

 

結婚相談所ってすごいですね!

ひとみ

 

ダンディ山田

最短で結婚を考えるなら結婚相談所だね。そんな結婚相談所も大きく2種類あるんだ。

 

 

結婚相談所は「データマッチング型」と「コンサルティング型」の2種類があります

そんな結婚相談所ですが、大きく2種類あります。

データマッチング型」と「コンサルティング型」です。

 

データマッチング型は、自分のプロフィールや希望する相手の条件を設定して、会員データから条件にマッチングする相手を検索してさがすシステムです。お互いにOKが出たらメッセージのやりとりが始まり、お見合い(デート)へと続いていきます。

 

一方コンサルティング型は、会員一人ひとりに専属のコンサルタントがつき、自分の性格や相手へ求めるものなど詳細なヒアリングをもとに、コンサルタントが最適な相手を紹介してくれるシステムです。仲人型とも言われ、昔のお見合いをセッティングしてくれる仲人さんをイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

 

ダンディ山田

2つの違いを詳しく紹介するぞ。

 

データマッチング型結婚相談所の特徴

 

データマッチング型結婚相談所は、その名の通り、会員登録されているデータから自分の希望にあった相手を検索してアプローチしていくシステムです。

 

データマッチング型結婚相談所

 

データマッチング型はコンサルティング型に比べて会員数が多いところと、トータルの費用が抑え目なところが特徴です。気に入った相手へアプローチをして、相手からも合意が得られるとメッセージのやりとりが始まり、お互いに気が合えばお見合いへと進展します。

基本的には自分で希望条件に合った相手を探してアプローチをかけていくスタイルなので、コンサルタントによるサポートを期待するより、積極的に自分から動いていくタイプの人に向いていると言えるでしょう。

一般的な婚活サイト・恋活アプリと似ていると思われがちですが、大きな違いは「最初から結婚を意識している人が相手であること」と公的証明書の提出により「年収や勤務先、婚姻歴などの内容に嘘がないのがはっきりしていること」です。

結婚相手としてみたとき、やっぱり相手の年収や婚姻歴は気になるところですよね。

でもデリケートな内容だから気軽にも訊けないし、もっと仲良くなってからさり気なく聞いてみようかな…そんな悩みは結婚相談所には必要ありません。また最近ではデータマッチング型でもプランによってはコンサルタントによるお見合いセッティングが選べる場合もあります。

ダンディ山田

一人でもどんどん異性にアプローチできる人はデータマッチング型のほうがスッキリしてて料金も安いからおすすめだよ。

 

 

データマッチング型のおすすめ結婚相談所

データマッチング型の結婚相談所でおすすめなのは「楽天オーネット」と「ツヴァイ」です。

 

楽天オーネット

 

婚活についてそれほど詳しくない人でも、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

言わずと知れた楽天グループの結婚相談所で、大々的なプロモーション活動により知名度も高いですよね。

48,855人(2018年7月1日現在)という、データマッチング型の結婚相談所として国内でも最大規模の自社会員数が特徴です。新規入会者数も年々増えており、2017年は25,211人もの入会者を迎えています。気になる成婚率ももちろん高く、楽天オーネット会員同士の成婚退会は5,990人と業界最大級です。

料金に関しては、初期費用(登録料や入会金など)が106,000円(税別)、月額費用が13,900円(税別)、そして成婚料なしと業界大手としては利用しやすい金額となっています。

 

 

ツヴァイ

 

ツヴァイ

 

ツヴァイはあのイオングループの企業のひとつです。

大手企業ならではの全国展開や、入会審査がしっかりしているところ、そしてみんなが知っているイオングループという安心感から、最近入会者数を増やしています。会員数は29,236人(2018年2月20日現在)で、男女比はほぼ半分。データマッチング型の結婚相談所ですが、最近はコンサルティングにも力を入れており、マリッジコンサルタントが婚活計画からアドバイスまでしっかりサポートしてくれます。

プランによってサポート内容と料金が異なりますが、初期費用105,000円(税別)~、月額費用9,500円(税別)~、成婚料なしです。

ツヴァイの特徴のひとつに、無料で受けられる恋愛傾向診断があります。30の質問に答えると、恋愛傾向がひと目でわかるチャートとアドバイス付きの診断結果がもらえます。

婚活で大切なのは自分について知ること。傾向と対策を知るために、まずは一度診断を受けてみることをおすすめします。

 

 

コンサルティング型結婚相談所の特徴

 

コンサルティング型結婚相談所の特徴は、会員一人ひとりにコンサルタント(アドバイザー)がつきます。

費用はデータマッチング型と比べると高めの印象ですが、その分手厚いサポート体制が整っています。結婚相手への希望や、自分自身の結婚観、価値観、いつまでに結婚したいかなどの詳細なヒアリングにより具体的な理想像を担当のコンサルタントとはっきりさせます。

 

コンサルティング型

 

データマッチング型と同じく、条件を設定して自分から気になる相手を探してもいいですし、コンサルタントが自分に合ったお相手を紹介してくれた中から探すこともできます。

お見合いはコンサルタントがセッティングしてくれるので、日程調整や段取りで悩まなくていいのが便利ですね。

無事に交際へと進展したら、あとは真剣交際(相手をひとりに絞った状態)を経てゴールインを目指すのみです。コンサルタントとは定期的な面談があり、現在の進捗状況の確認や、「デートではどんな会話をすればいいの?」「どんな格好をしていけばいい?」「プロポーズしたいんだけどどうしたらいいのかわからない」などの疑問や悩みに対して、アドバイスを随時もらいながら婚活を進めていくことができます。

「自分はひとりで活動しているんじゃない」という心強さが、データマッチング型との一番大きな違いかもしれませんね。
恋愛経験が少なくて心配な人や、なかなか自分からは動けない人、婚活の進め方に不安がある人にはコンサルティング型の結婚相談所がおすすめです。

ダンディ山田

恋愛に奥手だったり異性との接し方に自信がない人はコンサルティング型がおすすめだ。

 

 

コンサルティング型のおすすめ結婚相談所

データマッチング型の結婚相談所でおすすめなのは「パートナーエージェント」と「IBJメンバーズ」です。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

 

パートナーエージェントは、2017年オリコン調査で結婚相談所「顧客満足度」「成婚率」の第一位に輝いた結婚相談所です。会員数は11,555人(2018年7月1日現在)で、65.6%が1年以内に成婚退会されています。一番多い期間は4-5ヶ月です。

高実績を支えているのは、成婚KPIというデータに基づく婚活設計から、PDCAサイクルで活動の振り返り、最適化を図る独自の成婚手法です。

200時間以上のトレーニングを修了したまさにプロ中のプロの専任コンシェルジュが、自分でも気づいていないような潜在的な結婚観や理想像を掘り起こすお手伝いをしてくれます。
料金は初期費用125,000円(税別)、月額費用16,000円(税別)、成婚料50,000円(税別)となっています。

20の質問に答えるだけの婚活EQ診断では、恋愛における自分の癖や考え方を知ることができますよ。無料で受けられるので、ぜひ婚活へ役立ててみてください。

 

IBJメンバーズ

 

IBJメンバーズは、日本結婚相談所連盟という全国約1,700社の結婚相談所が加盟する日本最大級のネットワークをもっており、その会員数はなんと約60,000人です。

婚活サイトのブライダルネットや、婚活パーティのPARTY☆PARTYなど結婚に関する事業を多く行っており、安心の東証一部上場企業です。結婚相談所によって「成婚」の定義はちがい、真剣交際を成婚とする相談所もありますが、IBJメンバーズでは「成婚=プロポーズ後の婚約」のこと。結婚までのアドバイスを一手に受けてくれます。

初期費用は165,000円~(税別)、月額費用15,000円~(税別)、成婚料200,000円(税別)と料金は少しお高めですが、返金保証がしっかりしているのは大手ならでは。コースや活動期間によって異なりますが、中途退会された場合に支払った費用の返金を受けることができます。忙しくなってもしすぐに退会したらどうしよう、そんな心配に嬉しい制度ですね。

 

参考 結婚相談所おすすめ婚活マニュアルZ

おすすめの結婚相談所情報

 

自分に合った結婚相談所を選びましょう

ご紹介した内容はほんの一部ですが、結婚相談所には会社ごとにさまざまな活動方法やサポート体制があります。

自分から積極的に動きたい、費用はできるだけ抑えたいという人は、サポートが最小限のプランのデータマッチング型を。逆に自分に合う人がわからないから紹介してほしい人や、デートの服装からプロポーズの仕方までいろいろ相談したい、手厚いフォローやアドバイスがほしい人はコンサルティング型結婚相談所の検討がおすすめです。

 

ダンディ山田

逆のタイプを選んでしまうと活動自体がストレスになるから要注意だぞ。

 

恋愛の奥手でサポートして欲しい人「コンサルティング型」を選んでしまうと『なんでサポートしてくれないの!?』ってなりそうですね。

ひとみ

 

 

結婚相談所によっては雰囲気ややり方も様々。まずは気軽に資料請求、そして実際に訪問してみて会社の雰囲気を体験してみましょう。

結婚相談所の費用は決して安いものではありません。結婚相談所に求める希望が決まったらぜひ複数の相談所を比較検討してみることを強くおすすめします。

今この瞬間のあなたが今後の人生で一番フレッシュなのです。あれこれ悩んで時間が経ってしまう前に、一歩を踏み出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です